「大坂の陣慰霊祭(399回忌)」(前半:柏原市内の史跡巡りと慰霊祭)
 2013年6月1日(土)、大阪府柏原市の玉手山公園で行われた「大坂の陣慰霊祭」に参加してきた。
 これは豊臣・徳川両軍、そして民衆で亡くなった方を供養するのが目的で、去年も大阪市内で似たようなイベントがあったらしい。

 11時前に河内国分駅で知り合いと合流し食事を済ますと、慰霊祭の前にちょろっと史跡巡りをした。

史跡:後藤又兵衛基次奮戦之地の碑
住所:柏原市片山町
解説:道明寺の戦い後藤又兵衛がこの辺りで最期を迎え首を埋められたらしい。碑は1969年に建てられた。
感想:狭い路地にぽつんとあるとあるため非常に分かりづらい。すき家とジョイフルの間の道を北に行くとある。

(碑)
d0050345_2119214.jpg





 それから小松山方面に移動。急勾配でちと辛い…。

史跡:小松山古戦場跡の碑
住所:大阪府柏原市玉手町25
解説:道明寺の戦いの緒戦で激戦となった小松山の戦いの碑。この辺りが激戦地だったらしい。碑は1978年に建てられた。
感想:久しぶりに来たが当然ながら何も変わっていなかった。

(碑)
d0050345_21193157.jpg

史跡:小松山
住所:大阪府柏原市片山町1
解説:道明寺の戦いで後藤又兵衛が死守しようとした場所。今は住宅街となりこのような丘しか残っていないが、開発される前は南の玉手山周辺も含めて一帯が山だった。
感想:玉手山一号墳でもあるそうな。

(小松山)
d0050345_21194891.jpg

史跡:奥田三郎右衛門忠次の墓
住所:大阪府柏原市片山町1
解説:小松山の上に建っている。忠次は道明寺の戦いで戦死した徳川軍の武将。家臣5人の供養碑も建てられている。同じ場所に徳川軍の山田十郎兵衛の墓もあったのだが、すっかり確認するのを忘れていた…。

(非常に分かりやすい案内があった)
d0050345_21195535.jpg

(忠次の墓)
d0050345_2120456.jpg

(家臣5人の供養碑)
d0050345_21201280.jpg




 一通り見て廻ると、供養祭のある玉手山に移動する。かなりの坂道を登ると会場の玉手山公園の大坂夏の陣戦没者供養塔に着いたが、1時間ほど余裕があったため、久しぶりに玉手山公園を散策した。

史跡:後藤又兵衛基次之碑・ 吉村武右衛門之碑
住所:大阪府柏原市玉手町7
解説:後藤又兵衛と、戦死した又兵衛の首を隠した吉村武右衛門の碑。
感想:この辺りには人がたくさんいたので、もしかしたら供養祭に参加する人かもと一瞬思ったけど、よくよく格好を見たら柏原市のウォーキングイベントに参加している人達だった。その後、予想通り誰も供養祭には参加していなかった。

(後藤又兵衛基次之碑)
d0050345_21203483.jpg

(吉村武右衛門之碑)
d0050345_21204282.jpg

(後藤又兵衛しだれ桜。ご覧の通りの人だったのだが…残念)
d0050345_21205042.jpg

 その後は資料館などを見て時間を潰す。

(資料館の前に建っていた三天堂)
d0050345_2121785.jpg

(売店の近くにあった顔抜き看板の中に後藤又兵衛もあった)
d0050345_2121148.jpg

 それから大坂夏の陣戦没者供養塔に戻った。そこそこ人が集まっていた。50~60人くらいはいたかな。時間の13時半になると主催者の挨拶が始まり、続いて供養塔を建てた安福寺の住職さんの読経が始まった。




(読経中。供養碑は1700年前後に当時の安福寺の住職さんが尾張徳川家二代藩主・徳川光友の援助を得て建てている)
d0050345_21212427.jpg

(続いて焼香。私も加わった)
d0050345_21213255.jpg

 供養祭は30分ほどで終了。最後に主催者(主催が多くて、どの団体の誰が挨拶をしていたのか覚えていない…)が締めの挨拶をして解散となった。

前半の感想:地元のイベントという雰囲気が強く県外者はほとんどいませんでしたが、まあこれはこれで良かったんじゃないでしょうか。
 天気は曇りで日差しが強くなく、かといって雨も降らなかったので気候にも恵まれました。
 今後は毎年、6月1日に慰霊祭を行うらしいです。来年は日曜だからいいですが、再来年は平日なので気になります…。

 後半に続きます。

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
# by tikugo | 2013-06-01 14:30 | Trackback | Comments(2)
加賀の潜戸の観光遊覧船
住所:島根県松江市島根町加賀

 2013年5月5日(日)、加賀姓のルーツの一つと言われる松江市の加賀の潜戸に行って来た。去年の夏に行こうとしたけど車のトラブルで断念したので今回こそは…。取りあえず無事に到着。

(松江の市街地から向かう途中で見た日本海)
d0050345_932465.jpg

(観光遊覧船が出航するマリンプラザしまね)
d0050345_933065.jpg

 中に入るとゴールデンウィーク中なので結構な人が待っていた。13時50分頃に14時20分の出航便の受付を済ましたのだが、自分の後に来た人は14時20分の便に乗ることができず1時間後の便になっていた。危なかった…。

 ぼけっとしていたら時間が来たので救命胴衣を来る。

(救命胴衣って、たまに着るとワクワクするよね)
d0050345_933675.jpg

(今回乗る船。漁船クラスか。揺れそうだな)
d0050345_934440.jpg

 乗り込むといざ出発!

(桂島。本土から橋が架かっているので歩いて渡れる。中央の石垣は松江藩が整備したもの。ここ加賀港は島と半島に囲まれているため、時化の時は北前船が避難していたらしい)
d0050345_935325.jpg

 桂島を眺めた後、旧潜戸に向かう。ここから本格的に船がスピードを出し始めて縦横に揺れ始めちょっとしたジェットコースター気分。いやあ、これが船の旅の醍醐味だよねえ~、と言いたいところだけど、結構恐かった…。
 10分くらいで旧潜戸に到着。ここは仏潜戸と呼ばれ、亡くなった子供達が夜に積むという石の塔が並んでいる。子供の魂が辿り着く場所と言われ毎年7月には霊を慰める行事が催されている。

(最初に遠くから眺める)
d0050345_94434.jpg

(そして近くに上陸)
d0050345_941288.jpg

(上陸地点から洞窟を通って旧潜戸に向かう)
d0050345_942066.jpg

(中はこんな感じ)
d0050345_942961.jpg

(中には所々にお地蔵さんがあり、そこには子供のおもちゃが供えてあった。亡くなった子供の親御さんが供えたものなんだろうか…)
d0050345_943882.jpg

(洞窟を出ると無数の石塔があった)
d0050345_944622.jpg

(奥にも石塔が…)
d0050345_945451.jpg

(旧潜戸から日本海を望む)
d0050345_95397.jpg

 写真を撮るなどしてもたもたしていたら船に戻るのが一番最後になってしまった…。走っていったので皆さんを待たせた訳じゃ無いけど、船の席が前の方だったため先に行くのにわざわざ立ってどいてもらった。すいませんでした…。

 そんなこともあったけど、とにかく船には間に合い新潜戸に向かった。ここから更に揺れ潮を被るようになったため、携帯(一応、防水)で撮影することにした。
 取りあえず無事に新潜戸に到着。ここは入り口が三つある洞窟で、伝承では佐太大神誕生の際に母神が弓矢を射通し「ああ、かかやけり」とつぶやいたことから、この辺りが『加賀』と呼ばれるようになったという。ここ潜戸には細川幽斎、小泉八雲、志賀直哉など著名人も数多く訪れている。

(新潜戸の入り口。ここから滴る水に触れると乳の出が良くなるらしい)
d0050345_951967.jpg

(船で中に入る。写真では分かりづらいが神秘的だった)
d0050345_952857.jpg

(出口。いや入り口の一つと言った方が正しいのかな)
d0050345_953750.jpg

(母神が矢を射る際に的にしたという的島)
d0050345_954645.jpg

 一通り見て廻ると加賀港に向かう。

(新潜戸の入り口。北にあるため結構な波に打ち付けられていた)
d0050345_955528.jpg

 約50分ほどのクルージングが終わり無事に港に到着した。船とは縁のない生活をしているから、たまに乗ると非日常を味わえるからいいねえ~。

感想:島々で釣りをしている人が目立った。漁船で運んでもらって数時間ほど釣りを楽しんでいるんでしょうね。なんか優雅な趣味ですね。
 加賀は『かか』と読むのが正式らしいのですが、地元の人はほとんど『かが』と発音していました。本来は『かが』が正しいが、行政での表記上『かか』になっているだけかもしれません。




クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
# by tikugo | 2013-05-05 14:00 | Trackback | Comments(0)
廿里古戦場(武田・北条軍激戦の地)
住所:東京都八王子市廿里町

 1569年、武田信玄は北関東に侵攻し武蔵滝山城に迫った。別働隊の小山田信茂も小仏峠を越えて滝山城に迫ったため、滝山城主・北条氏照が家臣の布施出羽守・横地監物・中山家範を出陣させたが敗走させる。余勢を駆って武田軍は滝山城を攻め落城寸前にまで追い込んだが、途中で小田原城に向かったため滝山城は難を免れた。
 この戦いで小仏峠を抑える重要性を感じた氏照が八王子城を築いたという。

(廿里古戦場跡。看板が立つだけで碑はない)
d0050345_2226224.jpg

感想:高尾駅から八王子城に向かう途中にありました。廿里は『とどり』と読みます。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
# by tikugo | 2013-03-22 22:30 | Trackback | Comments(0)