<   2013年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
中山法華経寺
住所:千葉県市川市中山2-10-1

 鎌倉時代、当地には千葉氏の家臣・富木常忍や太田乗明の館があった。1260年、迫害を受けた日蓮が常忍のもとに身を寄せた際、常忍が邸内に持仏堂を建て、それがのちに法華寺となる。乗明の館も本妙寺となり、1545年以後に両寺が合体して法華経寺となった。

(黒門)
d0050345_23132024.jpg

(仁王門)
d0050345_2314838.jpg

(国重要文化財・五重塔。1622年、本阿弥光室が両親の菩提を弔うため前田利光の援助で建立した)
d0050345_23143936.jpg

(国重要文化財・祖師堂。1678年に建てられた)
d0050345_23153467.jpg

(荒行堂)
d0050345_2316143.jpg

(国重要文化財・四足門。鎌倉の愛染堂から移築されたという)
d0050345_2317394.jpg

(法華堂)
d0050345_23171757.jpg





写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-10-17 23:00 | Trackback | Comments(0)
葛飾八幡宮(徳川家康所縁の神社)
住所:千葉県市川市八幡4-2-1

 祭神は息長帯姫命・誉田別命・玉依姫命。寛平年間(889~898年)、宇多天皇の勅願で京都の石清水八幡宮から分霊して創建された。平将門・源頼朝・太田道灌・徳川家康らの崇敬を受ける。

(鳥居)
d0050345_2143159.jpg

(参道)
d0050345_215720.jpg

(随神門)
d0050345_2155012.jpg

(拝殿)
d0050345_216083.jpg

(神楽殿)
d0050345_2162639.jpg

(駒どめの石。源頼朝の馬が石に前足を乗せた際、蹄の跡が残ったことからこう呼ばれるようになった)
d0050345_2163874.jpg

(国指定天然記念物・千本公孫樹。多数の幹が集まって一本の巨木のように見える。江戸時代、祭礼の時に数万の蛇が枝に現れたという伝承がある)
d0050345_2165322.jpg

感想:神社の南側に「八幡の薮知らず」という名所があったのですが行くのを忘れてました…。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-10-16 21:00 | Trackback | Comments(0)
臼井城(佐倉市)
住所:千葉県佐倉市臼井字城之内619-1

 14世紀中頃、臼井氏によって城の基礎が築かれたと考えられている。1479年、太田道灌に攻められ落城。戦国時代後期、臼井氏に代わって原氏が城主となった。1566年、上杉謙信が北条氏康の傘下だった当城を攻めるが撃退している。1590年、北条氏と共に原氏も滅亡すると酒井家次が入る。しかし1604年に高崎に移封となったため廃城となった。
 現在は臼井城址公園として整備されている。

(本丸と二の丸を結ぶ土橋)
d0050345_12271593.jpg

(本丸と二の丸の間にある空堀)
d0050345_12272648.jpg

(本丸の虎口)
d0050345_12273464.jpg

(臼井城から眼下を望む。向こうに見える湖は印旛沼だろう)
d0050345_1227423.jpg

(二の丸の入り口に建つ城趾碑)
d0050345_12275131.jpg

(三の丸跡に建つ太田図書の墓。図書は道灌の弟で1479年に臼井城を攻めた際に討ち死にしている)
d0050345_1227599.jpg

感想:本によっては本丸・二の丸・三の丸ではなく、主郭・Ⅱ郭・Ⅲ郭という説明になっていました。現地の案内版も二種類ありました。どう違うのか良く分かりません。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-10-15 12:00 | Trackback | Comments(0)
謙信一夜城
住所:千葉県佐倉市王子台3丁目13

 1566年、上杉謙信が臼井城に籠もる原氏を攻める際、築いた陣城と伝わる。住宅地を造成する前の発掘調査で遺構が発見された。現在は一夜城公園となっている。

(公園全景)
d0050345_947661.jpg

(城趾碑。遺構は住宅街が出来た時に破壊されてしまったようで何も残っていませんでした)
d0050345_9471373.jpg

感想:城の名前がもうちょっとなんとかならんかったのでしょうか。ストレート過ぎます。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-10-14 10:00 | Trackback | Comments(0)
大日寺(千葉氏累代の墓碑)
住所:千葉市稲毛区轟町2-1-27

 真言宗豊山派。757年、仁生が創建した。戦前までは千葉神社の隣にあったが1945年7月の千葉大空襲で全焼したため、現在地に移転している。

(山門)
d0050345_19521160.jpg

(六地蔵)
d0050345_19522019.jpg

(本堂)
d0050345_19522523.jpg

(大師堂)
d0050345_19545521.jpg

(瑠璃光殿)
d0050345_19524219.jpg

(千葉氏累代の墓碑。常兼~胤将までの16基が並んでいる。圧巻)
d0050345_19525174.jpg

感想:参拝した日がお盆合同供養会で、駐車場に駐められないほど大勢の方がお参りに来られてました。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-10-11 20:00 | Trackback | Comments(0)
鷺沼城
住所:千葉県習志野市鷺沼1-9

 正応年間(1288~1293年)、鷺沼光義が居城していた伝わる。現在は鷺沼城址公園となっている。

(入り口)
d0050345_2029897.jpg

(公園全景。遺構は良く分からなかった)
d0050345_20291642.jpg

(鷺沼古墳の碑。発掘調査で人骨の一部や埴輪の破片、太刀の残片などが出土している)
d0050345_20292436.jpg

(埴輪の模型? 近所の子供達が乗って遊んでいるんだろう)
d0050345_20293022.jpg

(鷺沼源太満義諸武士之碑。満義は第二次国府台合戦で戦死したと伝わる)
d0050345_20293789.jpg

感想:満義の碑ですが裏に1959年に刻まれた碑文があり「今を去る六百年前の正応年間、満義は里見氏らと共に北条氏康と戦って戦死した」と書いてあったのですが、時代が合わない…。鎌倉時代の始めに起きた戦いとも縁のあったお城だそうですが、その時代とも合わず何の戦いを示しているのか分かりませんでした。ただの間違いか…?




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-10-10 20:30 | Trackback | Comments(0)
徳願寺(徳川家康・宮本武蔵所縁の寺)
住所:千葉県市川市本行徳5ー22

 浄土宗。もとは普光院という草庵(藁・茅などで屋根を葺いた粗末な家。草ぶきの小さな家)で勝願寺の末寺だったが、1610年に徳川家康が帰依し伽藍が建立された。その際、徳川の『徳』と勝願寺の『願』から取って寺号を徳願寺としている。1871年、印旛県庁が置かれ、1873年には行徳小学校の仮校舎となった。
 本尊の阿弥陀如来像は北条政子が運慶に命じて彫刻させたもので、家康が徳川秀忠の夫人・崇源院のために鎌倉から江戸に移したが、崇源院の没後、当寺に安置された。

(1775年に建てられた山門)
d0050345_22281996.jpg

(同じく1775年に建てられた鐘楼)
d0050345_22284354.jpg

(本堂。1856年に焼失したが1916年に再建された)
d0050345_22285371.jpg

(觀心堂)
d0050345_2228589.jpg

宮本武蔵の供養塔。武蔵が下総に滞在していた頃、当寺に賊が侵入した際に撃退したという伝承が残っている)
d0050345_2229647.jpg

(1807年、江戸深川の永代橋の橋桁が落下し多数の溺死者が出た。写真はその人達のために建てられた供養塔)
d0050345_22291590.jpg

感想:近くの寺に来ていた普光院の小坊主が家康に気に入られて伽藍が建立された、というようなことを地元の方が話されていました。記憶違いだったらすいません。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-10-09 23:00 | Trackback | Comments(0)
里見公園(国府台合戦古戦場)
住所:千葉県市川市国府台3丁目67-5

 1478年に太田道灌が築城。1538年、足利義明は里見義堯らを従え国府台に陣を敷き北条氏綱軍と戦ったが、敗北し義明は戦死、義堯らは敗走した(第一次国府台合戦)。
 1564年、義堯の子・義弘は越後の上杉謙信の南下に合わせて国府台に兵を進めた。緒戦は里見軍の勝利したが、その後北条氏康軍の逆襲に遭い敗走している(第二次国府台合戦)。
 江戸時代になると国府台城は江戸を俯瞰できることから防衛上よろしくないということで廃城となった。1959年、里見公園となる。

(羅漢の井。空海が発見した井戸で里見軍が飲料水として使ったという)
d0050345_19313185.jpg

(国府台城跡の碑)
d0050345_19313820.jpg

(里見茶屋。休日だけど閉まっていた。もう営業していないのかな…)
d0050345_19314425.jpg

(夜泣き石。第二次国府台合戦で戦死した里見広次の娘が父の霊を弔うため安房の国から来たが、戦場の凄惨な光景を見て恐怖と悲しみで石にもたれて泣き続け亡くなってしまった。それから毎夜、石から悲しい泣き声が聞こえるようになったため、通りかかった一人の武士が供養したところ泣き声が止まったという)
d0050345_19315466.jpg

(1829年に建てられた里見諸士群亡塚(左)、里見諸将群霊墓(中央)。里見広次公廟(右)は建てられた年代が不明)
d0050345_1932651.jpg

(里見公園から江戸川を望む)
d0050345_19322737.jpg

(城の遺構だと思う)
d0050345_1933212.jpg

感想:駐車場がどこか分からなく国府台天満宮に駐めて歩いて行きました。市川市の公式サイトには無料駐車場が40台あったそうですが…。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-10-08 19:30 | Trackback | Comments(0)
国府台天満宮
住所:千葉県市川市国府台3丁目11-9

 1479年、太田道灌が建立した。もとは方皇塚に祀られていたが、1875年に大学設立の用地として買収された際、当地に移転される。
 悪霊や悪疫が地区に入るの防ぐため、地区出入り口の四隅の辻を霊力で遮断する「辻切り」という行事が毎年1月17日に催されている。

(鳥居)
d0050345_19455263.jpg

(拝殿…だったと思う)
d0050345_19455739.jpg

感想:蚊が多かった記憶しかないです。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-10-05 20:00 | Trackback | Comments(0)
総寧寺(小笠原政信夫妻供養塔)
住所:千葉県市川市国府台3丁目10ー1

 曹洞宗。1383年、近江に佐々木氏頼が創建した。1575年、北条氏政が下総関宿に移したが関宿が水害に悩まされたため、1663年に現在地に移転する。江戸時代には全国の曹洞宗の支配権と10万石の格式を与えられた。明治時代になると大学校舎、陸軍用地となる。

(参道。里見城跡(国府台城跡)に移転したため、碑に「曹洞宗里見城跡総寧寺」と書いてあった)
d0050345_21422825.jpg

(本堂)
d0050345_21423424.jpg

(鐘楼門かな? 下だけ古くなって建て替えたのだろう)
d0050345_21423994.jpg

(市指定文化財の小笠原政信夫妻供養塔。政信は徳川家康の家臣で当寺が関宿にあった頃の領主であった。五輪塔としては関東で二番目の大きさらしい)
d0050345_21424666.jpg

感想:この前に参拝した船橋市の宝成寺からここまで無茶苦茶混んでて辿り着くのに時間がかかった。その後も千葉県内では渋滞に悩まされて思うように廻れなかった。後で関東の人に聞いたら千葉は道が限られている上に公共交通機関も東京ほどは発展していないから、いつも渋滞しているらしい。埼玉県と同じ感覚で行った自分が浅はかだった…。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-10-04 22:00 | Trackback | Comments(0)