<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
適塾(蘭学の私塾)
住所:大阪市中央区北浜3-3-8

 1838~1862年まで名医・緒方洪庵が開いた学塾。橋本左内、大鳥圭介、福沢諭吉、大村益次郎などがこの塾で学んでいる。現在の建物は洪庵が1845年に購入したもので1942年に大阪大学に寄贈された。1980年に一般公開される。

(入り口)
d0050345_11245232.jpg

(適塾の近くにある大阪でもっとも古い幼稚園・愛珠幼稚園)
d0050345_1124506.jpg

感想:何となく戦国時代以外の史跡にも行ってみようと思い寄ってみました。周りはビジネス街らしく訪れた休日は人通りが少なかったです。




クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-02-09 12:00 | Trackback | Comments(0)
安居神社(真田幸村戦死の地)
住所:大阪市天王寺区逢阪1丁目3ー24

 祭神は少彦名神・菅原道真。創建の年代は不明である。道真が九州に左遷される際に当地で休んだことに因んで942年に道真も祀られる。1615年の大坂夏の陣で奮戦した真田幸村が戦死した場所として良く知られている。

(入り口)
d0050345_21424513.jpg

(入り口近くに建つ真田幸村戦没地の碑)
d0050345_21425124.jpg

(拝殿)
d0050345_21425742.jpg

(境内に建つ真田幸村戦死跡之碑)
d0050345_2143230.jpg

(2009年に建てられた真田幸村公之像。銅像に触れると徳を授かれるらしい)
d0050345_21431092.jpg

(拝殿・本殿・幸村の像)
d0050345_21445931.jpg

(安居神社の辺りから通天閣を望む)
d0050345_2145592.jpg

感想:幸村の像が出来たと聞いて久しぶりに来てみました。前は天王寺七名水の一つ「かんしずめの井」に行けたはずなんですが、今回行った時は入れなくなっていました。ちなみに井戸は枯れており、水はありません。




クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-02-06 22:00 | Trackback | Comments(2)
三光神社(真田の抜け穴)
住所:大阪市天王寺区玉造本町14-90

 祭神は天照大御神・月読尊・素戔嗚尊・仁徳天皇。反正天皇の時代(400年前後)の創建と伝わる。全国唯一の中風(脳卒中)除けの神として知られている。

(鳥居)
d0050345_22294966.jpg

(拝殿)
d0050345_22295315.jpg

(七福神の一人・寿老人の像。寿老人の伴っている玄鹿の肉を食べると二千歳の長寿を得ることができるといわれている)
d0050345_2230198.jpg

(末社の稲荷社)
d0050345_2230341.jpg

(真田の抜け穴。当社の辺りに大坂冬の陣で真田幸村が造らせた真田丸があり大坂城からここまで地下に抜け穴を掘らせたという伝承がある)
d0050345_22301220.jpg

(真田幸村の像と模擬(?)の楯と大筒)
d0050345_22301520.jpg

感想:10年前に来た時と変わっていたのは模擬の大筒などが出来ていたくらいでしょうか。




クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-02-05 23:00 | Trackback | Comments(0)
玉造稲荷神社(豊臣秀頼の像) koneta
住所:大阪市中央区玉造2-3-8

 祭神は宇迦之御魂大神・下照姫命・雅日女命・月読命・軻遇突智命。紀元前12年に創建されたという。聖徳太子が物部氏と戦う際に戦勝祈願を行ない、戦乱後に観音堂を建立したと伝わる。
 1576年に兵火で焼失したが、1603年に豊臣秀頼によって再建され大坂城の鎮守神として豊臣家の崇敬を受ける。豊臣家滅亡後も徳川家の崇敬を受け、大坂城代は着任の際に当社に参拝している。

(入り口)
d0050345_19485413.jpg

(鳥居)
d0050345_1949047.jpg

(拝殿)
d0050345_1949667.jpg

(拝殿の側にある利休井。2006年にNPO法人「大阪城甲冑隊」らによって再掘された)
d0050345_19491219.jpg

(豊臣秀頼についての説明版。豊臣氏時代の大坂城築城の際に切り出された生駒山の石を使用している)
d0050345_19491976.jpg

(2011年に建てられた豊臣秀頼の像)
d0050345_19492560.jpg

(1603年に豊臣秀頼が奉納した鳥居。1995年の阪神淡路大震災で基礎が損壊したため、このような形で保存することになった)
d0050345_19493027.jpg

(当社の南西に利休屋敷があったことから建てられた千利休居士顕彰碑)
d0050345_19493714.jpg

(秀頼の胞衣が埋められたことから建てられた胞衣塚大明神)
d0050345_19494352.jpg

感想:秀頼の像はなかなかお茶目な感じで私は好きです。




クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-02-04 20:00 | Trackback | Comments(0)
普門寺(細川晴元の墓)
住所:大阪府高槻市富田町4-10-10

 臨済宗妙心寺派。1390年、設厳が現在本照寺が建つ場所に創建した。1561年、三好長慶に屈服した管領・細川晴元が幽閉されている。1566年、室町幕府14代将軍・足利義栄が2年間滞在し普門寺城と呼ばれた。
 一時衰退したが、1617年に龍渓が方丈などを建立し中興する。1655年、明の高僧・隠元が宇治に万福寺を開山するまでの6年間留まった。隠元は黄檗宗の開祖で明からインゲン豆をもたらしたと伝わっている。
 明治時代に入ると寺領や建物が失われ再び荒廃し、昭和になると無住の時期もあり荒れ果ててしまう。しかし1982年に方丈が解体修理され当初の姿に復元された。

(山門)
d0050345_22143023.jpg

(国の重要文化財・方丈)
d0050345_22144373.jpg

(方丈の前の庭)
d0050345_22144272.jpg

(瑠璃殿)
d0050345_22145573.jpg

(玉淵の作と伝わる枯山水庭)
d0050345_22145638.jpg

(細川晴元の墓。1563年、失意のうちに亡くなっている)
d0050345_2215933.jpg

感想:拝観には事前に電話での予約が必要で、拝観時間は13時半~16時半です。いきなり行っても入れませんので気を付けて下さい。
 たまたま見学に来られていた女性と山門で一緒になり、お寺の方のお話を一緒に聴くことになりました。




クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-02-01 23:00 | Trackback | Comments(0)