<   2012年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧
今年一年の思い出(史跡限定)
 今年一年間で思い出に残った史跡をピックアップしてみました。

美濃山口城(岐阜県本巣市山口)・・・4月上旬なのに、とにかく寒かった。そして登山がきつかった。

中平氏累代の墓(高知県高岡郡梼原町梼原)・・・靴が雨でぐちゃぐちゃになりながらも探してやっと見つかった。地元の教育委員会すら把握してなかったので見つけた時の喜びもひとしおだった。檮原は他にも集中力が切れて車が脱輪しかけるなど、いろんな思い出がある。苦労はしたが、とにかく行って良かった。

バリィさんグッズ集め(愛媛県今治市)・・・史跡じゃあないね・・・。

氏江五郎左衛門の墓(愛知県豊田市幸海町)・・・場所が崖みたいなところにあって降りるのに苦労した(道はあったけどかなり急)。

三好義紹の墓(鳥取県米子市福市)・・・子孫の方にアポイントと墓参の許可を取るのがとにかく大変だった。

答志島(三重県鳥羽市答志町和具)・・・久しぶりのフェリーでわくわくしたよ。

越前地方の史跡巡り・・・2日目の後半と3日目はほんまえらかった・・・。風邪であんなにえらかったのは久しぶり。

 こんな感じですかね。来年もちょろちょろっと廻るつもりです。
 それでは来年もサイト・ブログ共々よろしくお願いしますm(_ _)m

(好きなものを組み合わせてみました)
d0050345_2314675.jpg

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2012-12-31 23:00 | Trackback | Comments(0)
通安寺(狛家の菩提寺)
住所:福井市西木田4丁目3ー4

 曹洞宗。福井藩の家老・狛家の菩提寺。この界隈は震災や戦災で様変わりした福井市内の中で昔の佇まいを残している数少ない場所である。

(薬医門)
d0050345_2019166.jpg

(石仏)
d0050345_20193148.jpg

(本堂)
d0050345_20191631.jpg

(巨大な五輪塔が建ち並ぶ狛家累代の墓)
d0050345_20195214.jpg

狛伊勢守孝澄の墓)
d0050345_20194042.jpg

感想:道が狭く駐車場もほとんど無いため難儀した理由は昔の佇まいを残していたからだったのか・・・。家に戻ってこの記事を書いた時に初めて知りました。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2012-12-27 21:00 | Trackback | Comments(0)
長慶寺(堀秀政の墓)
住所:福井市西木田2-3-12

 浄土真宗本願寺派。蓮如が建立したと伝わる。1585年、北庄城主となった堀秀政が菩提寺に定める。江戸時代には境内の近くに番所があり、特別な地位の人間で無い限り夜は割札が無いと通れなかったため、境内を通り抜けられるよう寺の門を開けていたという。

(山門)
d0050345_21165613.jpg

(本堂)
d0050345_21164082.jpg

(鐘楼)
d0050345_21171153.jpg

(堀秀政の墓)
d0050345_21165577.jpg

感想:市指定文化財のイチョウの木を撮るのを忘れた・・・。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2012-12-26 22:00 | Trackback | Comments(0)
藤島神社(新田義貞所縁の神社)
住所:福井市毛矢3丁目8ー21

 祭神は新田義貞、義貞の息子の義興・義顕・義宗、そして弟の脇屋義助。1870年、福井藩知事の松平茂昭によって義貞戦死の地とされる燈明寺畷に祠が建てられた。1876年に藤島神社となり、1901年に現在地に移転される。1656年に発掘された義貞のものとされる兜や則重作の太刀など国の重要文化財に指定された宝物が多数ある。

(鳥居)
d0050345_20175641.jpg

(拝殿)
d0050345_2018357.jpg

(本殿)
d0050345_20181155.jpg





写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2012-12-25 20:30 | Trackback | Comments(0)
運正寺(結城秀康菩提寺)
住所:福井市足羽1丁目18ー1

 浄土宗。1607年に結城秀康が亡くなると、父・徳川家康の命で創建される。秀康は初め曹洞宗の孝顕寺に葬られた(結城家は曹洞宗だった)が、徳川家(松平家)が代々浄土宗だったことから家康が激怒。家臣が慌てて10日ほどで洗光院を建て改葬したという伝承が残っている。
 のちに現在の運正寺と改称した。越前松平家の庇護を受け大伽藍を誇ったが、1945年の福井空襲で焼失してしまう。1952年に現在の建物が再建される。

(入り口)
d0050345_19524176.jpg

(葵の紋が入った石塔)
d0050345_19524924.jpg

(本堂)
d0050345_19525866.jpg

(案内板に描かれていた戦前の運正寺。この風景が見たかったな・・・T_T)
d0050345_1953986.jpg

感想:浄土宗じゃないからと家康が怒ったそうだが、越前松平家の菩提寺・大安禅寺は臨済宗だけど・・・。徳川家と言うより家康個人のこだわりだったのだろうか。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2012-12-24 20:00 | Trackback | Comments(4)
総光寺(丹羽長秀の墓)
住所:福井市つくも2-17-11

 曹洞宗。賤ヶ岳の戦い後、北庄城主となった丹羽長秀が北斗院を建立。のちに寺号を総光寺と改称する。

(境内。おそらく昔は何倍もの敷地があったと思われる)
d0050345_20355922.jpg

(裏手に建つ丹羽長秀の墓(右側)。長秀の没後、息子の長重が建てたと伝わる。左は長秀の息子で長重の弟・長正の墓)
d0050345_2036761.jpg

(墓の入り口。石に刻まれた文字が風化で削れている)
d0050345_2036185.jpg

感想:2012年に8年半振りに行きましたが、何も変わっていませんでした。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2012-12-21 21:00 | Trackback | Comments(0)
忍城合戦の真実
 今更ですが、洋泉社から発売された「忍城合戦の真実」の96ページに私の提供した千本浜古戦場に建つ首塚の写真が掲載されております。
 お時間がありましたらご覧ください。

 有料で史跡写真の提供を行なっておりますので、ブログ・サイトに掲載してある写真で必要なものがございましたら、メールフォームからご連絡下さい。

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2012-12-18 20:17 | Trackback | Comments(0)
興宗寺(岩佐又兵衛の墓)
住所:福井市松本3丁目11ー19

  浄土真宗本願寺派。画家・岩佐又兵衛の墓がある。

(本堂?)
d0050345_19572733.jpg

(岩佐又兵衛の墓。又兵衛は有岡城主・荒木村重の子として生まれる。織田信長が有岡城を落とすと本願寺に保護され母の姓・岩佐を名乗った。京都で画家となるが、興宗寺の住職・心願と出会い、福井藩に招かれたこともあり越前に移り住む。1637年には徳川家光に招かれ江戸に移り住んだ。浮世絵で名を馳せ『浮世又兵衛』と呼ばれている)
d0050345_19575750.jpg





写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2012-12-16 20:00 | Trackback | Comments(0)
新田塚(燈明寺畷 新田義貞戦没伝説地)
住所:福井市新田塚町604

 1336年、新田義貞は九州から上洛した足利尊氏に敗北したため、恒良親王らを奉じて越前に入る。1338年、越前守護・斯波高経を破り足羽城に敗走させるが、支城の藤島城を攻めていた味方の援軍に向かう途中、燈明寺畷で敵と遭遇し矢傷を負い自害して果てた。
 1656年、藤島郷の農民・嘉兵衛が古い兜を掘り出し福井藩に献上。藩の軍学者・井原番右衛門は兜を義貞のものと鑑定し、当地を戦死の地と推定した。1924年、国の史跡に指定される。現在は新田塚公園として整備されている。

(公園入り口)
d0050345_22124750.jpg

(祠。確か中には五輪塔が建っていたと思う)
d0050345_22125652.jpg

感想:祠の写真にジャージ姿の人が写っていますが、これは地元の中学生です。ちょうど公園の清掃の日でした。荒れ果てた史跡が多い中、こうやって綺麗にされているとは地元で愛されているんだな・・・。
 ネットや本の写真を見て鬱蒼とした森の中にある印象を持っていましたが、行ってみたら交通量の多い県道5号線沿いにあって周りにはマンションや店が建ち並びとても賑やかな場所でした。1960年頃までは水田が広がっており静かな場所だったようです。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2012-12-13 22:00 | Trackback | Comments(0)
東超勝寺
住所:福井市藤島町47-5

 浄土真宗大谷派。1392年、藤島城主・斯波豊郷が頓円鸞芸を迎えて創建。戦国時代になると一向一揆の拠点として朝倉氏や織田信長と対立した。1602年、本願寺が東西に分派すると寺も東西に別れる。

(境内)
d0050345_2047249.jpg

(本堂)
d0050345_20471593.jpg

感想:超勝寺は東西とも建物に趣がありました。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2012-12-12 20:48 | Trackback | Comments(0)