<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
無量寺境内などが和歌山県文化財に
芦雪ゆかりの無量寺境内などが和歌山県文化財に:紀伊民報

---------------------------------------------------
 和歌山県教育委員会は20日、串本町串本の無量寺境内など13件を新たに県文化財に指定した。
(中略)
 那智勝浦町那智山の「瀧見堂跡」は、天正年間に長曽我部元親が寄進築造したと伝えられている。礎石のみが1958年に県の史跡指定を受けたが、台風12号で那智川が増水し礎石が流され、修復不可能のため指定の解除が決まった。
---------------------------------------------------

 4年半前にせっかく那智勝浦町まで行ったのに知らなくて廻らなかった・・・。指定が解除されても機会があれば行ってみたい。

御購入よろしくお願いします→もっと知りたい! 長宗我部元親


[PR]
by tikugo | 2012-07-24 22:00 | Trackback | Comments(0)
安芸広島城(毛利家・浅野家の居城)
住所:広島市中区基町21ー1

 戦国時代後期、安芸を支配していたのは中国地方の覇者・毛利一族である。毛利家の居城は安芸の真中に位置する吉田郡山城(広島県高田郡吉田町)だった。しかし山奥の郡山城では交通の便が悪く、海に近い場所に本城を移す必要性が出てきた。そこで1589年、毛利輝元は海に近い安芸の南部・五か村に城を築く事にする。
 当時の広島市南部は大田川河口のデルタ地帯で地盤がゆるく、人々からは「島に城を築くようなものだ」と嘲笑されたが、最新の土木技術、10年の歳月、現在の金額で一千億円(あくまで推定、ちなみに大坂城は推定七百八十一億円)もの巨額を投じて城を完成させている。
 「広島」という地名はこの時つけられたもので由来には様々な説があるが(二人の名前を合わせたなど)、個人的に一番妥当だと思う説が
「築城したのが三角州の中で一番広い島だったので『広島』と通称で呼ばれていたのが定着した」
 である。

(二の丸表御門)
d0050345_22423636.jpg

 広島城は大坂城・聚楽第を参考に黒田如水を顧問に築城されたため、五重五階の天守閣、櫓の数八十八、総面積百三十万平方メートルという名古屋城や大坂城に匹敵する西国の雄に相応しい城を完成させている。
 総構は2~3メートルの土塁などがあり、全体をカバーできるほど兵力がいれば難攻不落だったと思われる。だが、関ヶ原の戦いの際はその広さが裏目に出て留守の者たちが
「広すぎて守りきれない。吉田郡山城ならこんなことはなかったのに」
 と不満をもらしている。水攻めに弱いと秀吉が言ったという話があるが、そういったことはすでに調査済みであったと思われるので後世の創作であろう。

(多聞櫓・太鼓櫓)
d0050345_22422848.jpg

 築城からまもなく関ヶ原の役が勃発。毛利一族は西軍の主力として参戦するがまとまりにかけ、敗退。改易は免れるものの周防長門に転封させられている(この時、デルタ地帯に建てた萩城は広島城築城のノウハウが活かされたものだと言われる)。
 その後、広島に来たのが関ヶ原で東軍に勝利をもたらした福島正則。正則は徹底的な検地で安芸の石高を9万石も増やし、毛利時代には不完全だった城下町の整備にも力を入れる。危険視されていた一向宗の寺を城の近くの一ヶ所に集中させ監視の目が行き届くようにし、西国街道を城の南側に移動させるなどした。福島時代の広島城は修築のみで毛利時代からの大幅な改築などはなかった。

(濠と平櫓・多聞櫓・太鼓櫓)
d0050345_22425528.jpg

 1619年、幕府は福島正則を改易する。理由は『幕府に無断で城の修築を行った』というものだった。信州川中島に転封させられた福島家に代わって広島城主となったのは紀伊から来た浅野長晟だ。浅野家は福島家よりもさらに厳しい検地や干拓事業の推進(今の広島市中区の半分はこの時に出来たもの)、それまで正方形に区切られていた城下町を長方形に変え土地を効率的に利用できるようにする。現在の広島市の基礎が出来たのはこの頃だ。
 何事もなく時が過ぎて行った広島藩だったが、1701年に大事件が起こる。分家の赤穂浅野家の当主・長矩が江戸城内で吉良義央に斬りかかり、そのために切腹・お家断絶となったのだ。本家の広島藩は累が及ぶのを避けるため、この出来事に終始距離を置いた。ただ事件が終わりほとぼりが冷めた後に家臣達を召抱えるなどの救済措置はしている。本家だっただけあって今も広島県内には赤穂浪士に関係するものが多数ある。

(東御門跡)
d0050345_22424738.jpg

 太平の世になった広島城はもはや軍事的拠点ではなくシンボルとなったいた。そのため城内の雰囲気も緩んでおり、1781年の記録には、二の丸に鹿が1匹落ちていたという。その他にも庶民が城の奥に迷いこんだり、堀で釣りをする者がいた、土塁の内側の空き地で野菜を作る家臣など平和な時代ならではの出来事が起きている。

(天守閣)
d0050345_2243925.jpg

 幕末、再び戦乱の世が訪れる。第一次・第二次長州征伐では広島城は最前線基地となり幕府軍を受け入れた(広島藩自体は長州征伐に反対しており、戦闘に直接参加する事はなかった)。倒幕の動きが盛んになると薩長について参戦する。

(天守閣から見た広島市)
d0050345_2243042.jpg

 明治になると広島城に全国六鎮台の一つが置かれ、中四国を統括した。ここから終戦まで呉市を含めた広島県南西部が全国屈指の軍事拠点となるのである。
 1894年、日清戦争が始まると大本営が広島城に移され、それと共に天皇陛下が行幸され、帝国会議が招集された。日清戦争が終わるまでのわずかな間だったが広島市は帝都となった。

(広島大本営跡)
d0050345_22432239.jpg

 1945年8月6日8時15分、広島市に世界初の原子爆弾が投下される。これにより市の中心部は壊滅し広島城も石垣を残して建物全てが破壊された。この時出た広島城の古材は資材不足の市民達が薪や建材にしたという。
 1958年4月1日、市民の要望で鉄筋コンクリートの天守閣が復元。戦後から13年目のことだった。市民の半数が亡くなり『70年間は草木も生えない』と言われていたほど悲惨な状況から復活した広島市。天守閣はまさにその復活の象徴と言えよう。

(天守閣その2)
d0050345_22431579.jpg





クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2012-07-11 23:00 | Trackback | Comments(0)
備後福山城
住所:広島県福山市丸ノ内1丁目1番地

 1619年、芸備49万石の大名・福島正則が信州川中島に転封されると、徳川家康の従兄弟・水野勝成が備後10万石の領主となり、3年の月日を費やし構築したのが福山城である。平山城で東、西、南に二重の堀をめぐらしていた。
 水野氏が五代ほど続いたが、無嗣断絶になってしまう。その後を松平氏が入るが一代で移封される。その後は阿部氏が十代続き明治維新を迎えている。安部氏は四人老中を出すほどの名家だったが、特に有名なのはペリー来航時に活躍した阿部正弘である。
 鉄道敷設により二之丸・本丸の他は市街地と化すが、残った城は市民によって大事に保管される。しかし1945年8月8日の福山空襲で天守閣は全焼。1966年、福山市市制50周年記念事業として再建される。

(筋鉄御門)
d0050345_21361093.jpg

(月見櫓)
d0050345_21362897.jpg

(天守閣)
d0050345_21362142.jpg

(福山駅北口から見た福山城)
d0050345_2136395.jpg





クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2012-07-10 22:00 | Trackback | Comments(0)