<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
八橋城(東伯耆の要衝)
住所:鳥取県東伯郡琴浦町八橋字城山

 築城年代は不明だが、行松氏が居城としていた。しかし1524年、いわゆる大永の五月崩れで尼子経久が八橋城が攻略すると吉田左京亮を置いて伯耆を支配した。毛利氏が尼子氏を滅ぼした後は杉原盛重が城主となる。1580年頃、織田氏が山陰に攻めてくると羽衣石城の南条氏が織田氏に寝返ったため、毛利氏の最前線の城となり吉川元春が入った。
 本能寺の変後は南条氏の領地となるが、関ヶ原の戦いで改易されたため、伯耆を治めた中村一忠の支城、次いで市橋長勝の居城となる。1617年に伯耆・因幡を池田家が支配すると一国一城令のために廃城となり、家臣の津田氏が陣屋を置いて明治維新を迎えた。
 現在はJR山陰本線によって分断され、遺構が僅かに残るのみ。また山頂には満州国承認式の写真をいち早く届けようとして墜落した朝日新聞社の記者を奉る『酒井片桐飛行殉難碑』がある。

(全景)
d0050345_9354325.jpg

(入り口)
d0050345_9355167.jpg

(山道にある石垣)
d0050345_18393443.jpg

(二の丸の曲輪)
d0050345_1839412.jpg

(二の丸に建つ八橋城山稲荷神社)
d0050345_235982.jpg

(山頂にある酒井片桐飛行殉難碑)
d0050345_2351899.jpg

(山頂から見た八橋の街と日本海)
d0050345_935597.jpg

(八橋駅のホームから見た八橋城)
d0050345_9361079.jpg

コラム:八橋駅の目の前にあります。駅の駐車場(というか駅前の広場)が利用できます。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2012-01-06 23:00 | Trackback | Comments(0)
2012年正月京都巡り(蓮光寺・渋江政光の墓・安国寺恵瓊の首塚)
2012年1月3日(火)、実家から愛知県に戻る。米子駅が改装中で危うく高速バスに乗り遅れそうになったよ・・・。

 京都に着いたのがお昼で時間があったため観光することにした。

1.蓮光寺・・・下京区富小路通六条上る本塩竈町534。長宗我部盛親の菩提寺。
感想:年に一度のご挨拶ということで。2000年に初めて参った時は案内板も何も無く、数年後に説明版が出来たが、今回参ったらそれが風雨でかなり傷んでいた。時代の流れを感じる・・・。

(長宗我部盛親の墓)
d0050345_21515085.jpg

(2006年当時の説明版)
d0050345_21515862.jpg

(2012年現在の説明版)
d0050345_2152569.jpg

2.本覚寺・・・京都市下京区富小路五条下る本塩竈町558。1222年に創建された浄土宗の寺。応仁の乱で荒廃するが細川政元により再建される。豊臣秀吉の命で現在地に移された。

(山門)
d0050345_215706.jpg

(佐竹義宣の家臣・渋江政光の墓)
d0050345_2157748.jpg

3.建仁寺・・・京都市東山区大和大路通四条下る四丁目小松町584。1202年に栄西によって開基された。臨済宗建仁寺の総本山。貴重な水墨画・障壁画などを多数蔵している。
感想:安国寺恵瓊の首塚があると聞いて行ってみた。

(西門)
d0050345_21571861.jpg

(法堂)
d0050345_21572392.jpg

(法堂の天井にある描かれている双龍図)
d0050345_21573492.jpg

(本坊。ここから方丈や本堂の中に入れる。有料)
d0050345_21573920.jpg

(海北友松筆の雲龍図襖。本堂内だと思う)
d0050345_21574878.jpg

(安国寺恵瓊の首塚。方丈の移築や建物の修復など功績を残したため、斬首後に建仁寺の僧侶が首を持ち帰って葬った)
d0050345_21575312.jpg

 これにて終了。再び高速バスに乗って愛知まで帰った。

本日の感想:建仁寺は暖かくなったら再訪してゆっくり見て廻りたい。




クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2012-01-03 15:00 | Trackback | Comments(2)