<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
四国・山陰史跡巡り2011(2日目後半:松縄城・讃岐飯田城・向城)
 前半の続きです。

 知り合いを家まで送り届けると高松市の史跡を回る。昨日は市内東部だったので今日は市内中部を回ることにした(そういう区分が正しいかどうかは不明)。

10.松縄城・・・高松市松縄町287。香西氏の家臣・宮脇氏の居城。現在の熊野神社の辺りが城址と推測されている。
感想:神社は信号の名前にもなっていたので、この辺りでは有名らしい。

(熊野神社全景。宮脇氏は紀州の出で、その関係から熊野神社を勧請している)
d0050345_19451534.jpg

(熊野神社拝殿)
d0050345_1945216.jpg




11.讃岐飯田城・・・高松市飯田町定木。香西氏の家臣・飯田氏の居城。説明板と飯田氏を祀ったという茶臼塚があるが、城の正確な場所は不明である(定木地区にあったと伝わっているだけ)。
感想:茶臼塚の説明の部分が白く塗られていた。何か問題があったのだろうか・・・。

(茶臼塚)
d0050345_19452876.jpg




12.神内城(木太城)・・・高松市木太町1530。植田氏の一族・神内氏の居城。城の東と南に宮川が流れ天然の濠となっていた。木太南小学校の南の校門に案内板がある。

(案内板と文字が消えていた標柱)
d0050345_19453671.jpg

13.神内清定の墓・・・高松市木太町1245の辺り。神内城の西200メートル。神内城(木太城)の城主。神内清定は十河存保に属していたが、十河落城により領地を失っている。

(清定の墓と神内氏累代合碑)
d0050345_19454457.jpg

14.向城・・・高松市木太町向井。香西氏の家臣・真鍋祐主の居城。もとは奥城と呼ばれていたが、神内城が築城されると相対する城となったので向城と呼ばれるようになった。現在の小原神社辺りと言われている。

(小原神社。藤堂高虎の家臣・西嶋八兵衛がこの辺りで新田開発を行なった際、疫病が流行し多数の死者が出たため神社を建てて葬った)
d0050345_19455466.jpg




 真鍋祐主の墓も近くにあったらしいのだが、疲れたので諦めて切り上げた。ホテルに戻ってすぐに寝た。

後半の感想:後日、茶臼塚についての説明板を建てた団体に問い合わせてみたが「15年も前のことなので当時の人が引退し分かるものがいない」との返答があった。じゃあ塗られたのはかなり前のことなのか・・・?

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→長宗我部元親軍記
[PR]
by tikugo | 2011-04-30 19:00 | Trackback | Comments(2)
四国・山陰史跡巡り2011(1日目後半:前田城・八栗寺)
 前半の続きです。

 虎丸城に登ってお腹も空いたので、高松市への移動の途中にうどん屋に寄った。入ったのはさぬき市の『源内うどん』。名前の通り、この辺りが平賀源内の生まれ故郷で、それにちなんでいる。
d0050345_22363424.jpg

 ここで天ぷらうどんを食べた。味は・・・まあ旨かったと思うよ。

5.数珠懸孫兵衛久重の墓・・・高松市牟礼町牟礼。八栗駅の北、徒歩10分くらいのところにある。孫兵衛は長宗我部元親の家臣で歴戦の勇士だったが八栗城を攻めた際、戦死している。
感想:高知県側での資料で名前を見たことがないが、元親の一の家来だったらしい。

(墓。なぜか二つある。地元の方が今でも綺麗にされているようだ)
d0050345_22364193.jpg

(今流行の萌えキャラってやつだな・・・)
d0050345_22364716.jpg




6.中村氏宗夫妻・宗卜の墓・・・高松市牟礼町牟礼。六万寺駅北西200メートルくらい、白羽神社の南にある。中村氏は田井城主だったが、宗卜の時代に火災のため八栗城に移る。1583年、長宗我部元親に攻められ備前に逃亡した。
感想:逃亡したのに宗卜の墓があるのは、四国征伐後に讃岐に戻ってきたため。

(左の二基が中村宗卜の両親・氏宗夫妻、右の墓が宗卜の墓)
d0050345_22365425.jpg




7.八栗寺・・・高松市牟礼町牟礼3416。四国八十八ヶ所の第八十五番札所。空海が中国に渡る前、寺のある五剣山に登って八つの栗を埋めたことからこの名が付いたという。ここに中村氏が元親に対抗するために籠もった八栗城があった。
感想:駐車場が良く分からなかったため、他の人に倣って近くに路上駐車した。

(墓地。この辺りが本丸だったらしいが・・・)
d0050345_22373810.jpg

(本丸跡から屋島方面を望む。どこから見ても屋島は分かるなあ・・・)
d0050345_22374372.jpg

(山門)
d0050345_22374960.jpg

(八剣山。雄大)
d0050345_22375423.jpg




8.讃岐前田城・・・高松市前田西町。十河氏の分家・前田氏の居城。長宗我部軍の讃岐侵攻で落城した。本丸跡・二の丸跡・土塁などが残る。
感想:元親に抵抗した前田甚之丞の墓も近くにあると聞いたのだが良く分からなかった。
(本丸跡入り口に立つ標柱。中は墓地になっており前田家の墓もあった)
d0050345_2238168.jpg

(土塁)
d0050345_2238993.jpg




後半の感想:高松市には何度も来ているので行くところが無くなってきたので、中途半端にマニアックな史跡ばかりになってしまった。

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→長宗我部元親軍記
[PR]
by tikugo | 2011-04-29 23:00 | Trackback | Comments(0)
四国・山陰史跡巡り2011(1日目前半:森権平の墓・白鳥神社・虎丸城)
 2011年4月29日(金)、讃岐うどんを食べるために香川県に行った。

1.権平庵・・・東かがわ市伊座800-2。1583年、引田の戦いに阿波の水軍・森氏の一族・森権平が仙石秀久の配下として参加。長宗我部元親軍との戦いで奮戦するが深追いし過ぎて、最期は湿田に馬の足がとられ討ち取られた。その後、墓と石塔を建て弔われる。いつしか足の病を治すとして祀られるようになった。
感想:この辺りでは有名な庵らしい。

(森権平を祀る権平庵)
d0050345_20255437.jpg

(森権平の墓。権平庵の道を挟んで向かい側の高台にある)
d0050345_2026161.jpg




2.白鳥神社・・・東かがわ市松原69。祭神・日本武尊。源義経が劣勢の時に白鳥の神に祈ったところ、彼方の空から白羽が舞い降りたため義経の士気が上がり屋島の戦いに勝利したという。1664年、高松藩主・松平頼重が修築している。
感想:長束正家の孫・吉清が京都から移り住んで、ここの禰宜になったと聞いたので来てみた。今でも近所に長束さんがお住まいらしい(お話は聴いていない)。
 白鳥神社は讃岐の東にあるため、江戸時代は阿波に対しての支城の役目を果たしていたらしい。

(鳥居)
d0050345_20261142.jpg

(拝殿。予想していたより敷地が広い。境内は四万坪弱あるらしい)
d0050345_20261735.jpg

(神社の裏にある御山。日本一低い山らしい)
d0050345_20262389.jpg

(御山登山証明書)
d0050345_20262993.jpg




3.梶原景辰の墓・・・東かがわ市川東。景辰は播磨高砂城主だったが城を落とされ讃岐の安富氏を頼る。1583年、安富氏が長宗我部元親に攻められた際、討ち死にしている。
感想:住宅街の一角にあり、分かりづらかった。

(梶原観音と梶原景辰の墓)
d0050345_20263681.jpg

(墓の敷地内にあった亥子神社。景辰との関係は不明)
d0050345_2026426.jpg




 ここまではついでのようなもの。次の史跡に行くために東かがわ市に来たのである。それは元親も落とせなかった讃岐虎丸城。いつも登り口が分からなくて諦めていたが、今回は地元の方に登り口を教えていただいたので大丈夫。

4.虎丸城・・・東かがわ市与田山。標高417メートルの虎丸山に築かれた城。築城年代は不明。寒川氏・安富氏・十河存保が城主となっている。
感想:この城が長宗我部軍によって落ちたかどうかで議論されているらしいが、登ってみると力攻めは無理だと感じた。兵糧攻めなら可能だが。
 白鳥神社で教えていただいたのだが、地元の高校(市内には三本松高校しかないからそこだと思う)の生徒は創立記念日に登らせてもらえるらしい。生徒はまったく嬉しくないと思うんだが・・・。
 遺構は良く分からなかった。

(入り口から15分ほど歩いたところに流れていた小川。ここから道が狭くなる)
d0050345_20265354.jpg

(こんな道が続く)
d0050345_2027017.jpg

(二の壇だったと思う。忘れた)
d0050345_2027734.jpg

(9合目から山頂方面を望む。写真だと分かりづらいが急斜面でロープを伝って登らないといけない)
d0050345_20271469.jpg

(入り口から一時間で山頂に到着。ただの登山だった・・・)
d0050345_20272220.jpg

(山頂から見た瀬戸内海。場所は・・・良く分かりません)
d0050345_20273082.jpg

 また一時間かけて登山口まで降りた。昨日の雨で湿っているところがあり、そこで一回滑った。
「汚れてもいい格好で行った方がいいよ」
 地元の人の助言は聞いておくものだ。



 ここで東かがわ市は終了。

前半の感想:降りる時、狭い道で家族連れと会ったので少し広い場所で待っていたら5歳くらいの子が一言。
「なんしょんな~」
 おお、出た。代表的な讃岐弁・・・。しかし待っているのに「なんしょんな~」って。吹き出してしまった。

 後半に続きます。

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→長宗我部元親軍記
[PR]
by tikugo | 2011-04-29 21:00 | Trackback | Comments(0)
京都市史跡巡り2011(2日目:二条城・京都所司代跡・黒田如水邸趾・松永久秀の墓)
 2011年4月3日(日)、朝9時頃ホテルを出る。昨日と同じく人が多い・・・。

8.二条城・・・中京区二条通堀川西入二条城町541。1603年、徳川家康が京都御所の守護と将軍の宿泊所として築城。1994年に世界遺産となる。
感想:7年振り。修学旅行を合わせると今回が三度目。

(唐門)
d0050345_1839542.jpg

(二の丸御殿)
d0050345_1840077.jpg

(天守台)
d0050345_1840621.jpg

9.板倉勝重・重宗の屋敷跡・・・上京区堀川通竹屋町西北角。ひまわり幼稚園内にある。京都所司代・勝重と、その跡を継いだ重宗の屋敷跡。
感想:中に説明が書いてある石板が見えたが、場所が場所だけに入るのは止めておいた。

(屋敷跡の碑)
d0050345_18401275.jpg

10.京都所司代上屋敷跡・・・上京区猪熊通丸太町下る。ほとんどが元・待賢小学校の用地となっている。
感想:上記の『板倉勝重・重宗の屋敷跡』から歩いて5分くらいの場所にある。

(京都所司代跡の碑)
d0050345_18402183.jpg

11.黒田如水邸趾・・・上京区一条通猪熊西入如水町。聚楽第の東北部にあたるこの辺りに黒田如水の邸宅があった。現在は碑があるのみ。
感想:詳しい場所が分からず近所の方に尋ねたら、すぐに返答が来た。大抵、こういう史跡だと「知らない」と言われるのに・・・。地名にもなっているくらいだから浸透しているのだろうか。

(碑)
d0050345_18403246.jpg




12.本能寺跡・・・中京区油小路通蛸薬師山田町。1415年、日隆が創建。はじめ本応寺といい油小路高辻と五条坊門との間にあったが、のち四条西洞院油小路に移り現名に改称。1582年、本能寺の変で焼失。1589年、当地に再建しようとしたが、上棟式の当日、豊臣秀吉より寺町通御池への移転を命じられた。
感想:現在は老人ホームになっている。

(新しい碑)
d0050345_18403941.jpg

(古い碑)
d0050345_184044100.jpg




13.松永久秀の墓・・・京都市下京区柿本町。妙恵会総墓地内にある。この地は元々、久秀の京屋敷だったらしい。
(松永久秀・久通の墓)
d0050345_18405138.jpg




 本日はこれにて終了。その後、高速バスで帰ったのだが、予想通り滋賀県が大渋滞で、帰宅が大幅に遅くなった。

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2011-04-03 18:00 | Trackback | Comments(0)