カテゴリ:未分類( 135 )
吉晴木像顔面に刀傷
山陰中央新報:吉晴木像顔面に刀傷 京都・菩提寺から里帰り展示

-------------------------------------------------------------------------------------
 松江開府の祖・堀尾吉晴(1543~1611年)は、顔に深い刀傷を負った戦国武将だった-。松江歴史館(松江市殿町)の開館を記念した特別展で、吉晴の木像が、京都の寺から380年ぶりに里帰り。刀傷を刻んだ秘蔵の木像が、戦国時代を生き抜き、松江城を築いた武将の姿を現代に伝え、来館者の関心を呼んでいる。
-------------------------------------------------------------------------------------

 5月8日までか・・・。GWに帰省出来れば間に合うな・・・。

御購入よろしくお願いします→もっと知りたい! 長宗我部元親


[PR]
by tikugo | 2011-03-24 22:00 | Trackback | Comments(0)
「川越城本丸御殿」の一般公開決まる
J-CASTニュース:「川越城本丸御殿」の一般公開決まる

------------------------------------------------------------------------------------------------
 川越市にある埼玉県の指定有形文化財「川越城件本丸御殿」の改修工事が終了し、2011年3月26日午後2時から一般公開されることが決まった。
------------------------------------------------------------------------------------------------

 前に行った時は工事中だったので、今度埼玉に行った時は入ってみたいですね。しかし次に埼玉に行くのがいつのことになるやら・・・。次回は時間の都合で行けなかった秩父地方を中心に廻りたいです。

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2011-03-17 20:00 | Trackback | Comments(0)
見性寺(土方家墓所・八重姫の墓)
住所:三重郡菰野町菰野158

 臨済宗妙心寺派。1644年、菰野藩主・土方雄高が砦跡に創建し菩提寺とした。

(山門)
d0050345_16172415.jpg

(本堂)
d0050345_16173041.jpg

(土方家の墓地。2代~11代までの墓がある)
d0050345_16173540.jpg

(八重姫(織田信雄の娘)の墓)
d0050345_16174482.jpg

コラム:八重姫が嫁ぐ際に逸話があります。結婚話が持ち上がった時、信雄が「堀もないような城主に娘はやれない」と言い出したため、使者が到着する二日の間に、土方家は突貫工事で菰野陣屋に幅6メートルの堀を巡らしてなんとか婚姻に結びつけたそうです。




クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2011-03-13 15:00 | Trackback | Comments(0)
水口城
住所:滋賀県甲賀市水口町本丸4103

 1634年、徳川家光が京都に上洛する際の宿舎として築かれた。その際、小堀政一が作事奉行を務め、10万人が動員されている。しばらくは将軍の宿舎として使われていたが、1682年に加藤嘉明の孫・明友が入り、水口藩の居城となり明治維新を迎えた。建物は明治後に壊されたが、模擬櫓が建てられ水口城資料館となっている。

(門)
d0050345_21415540.jpg

(櫓)
d0050345_2142181.jpg

(本丸跡の石垣)
d0050345_2142687.jpg

感想:近くに水口岡山城という長束正家がいた城がありましたが、大変そうな山城だったのでやめました。資料館は案内では営業日になっていたにも関わらず休館でした。




クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2011-02-24 20:00 | Trackback | Comments(0)
松林寺(岡田家・西尾家の墓)
住所:岐阜県揖斐郡揖斐川町三輪1323

 1458年に創建。一時荒廃したが、慶長年間に西尾光教が再興した。西尾氏が改易されると再び荒廃したが、その後に揖斐を支配した岡田善政が、甥を住職として1651年に再興している。

(善政が金森家の御家騒動を鎮圧した際に持ち帰った鐘。1605年の作で金森法印(長近)の名が刻まれている)
d0050345_2119373.jpg

(岡田家の墓)
d0050345_21194737.jpg

(西尾家の墓)
d0050345_21195422.jpg

コラム:西尾家の墓の場所が分からず困っていたところ、揖斐川町役場・揖斐川町立図書館・揖斐川町民の方に助けていただきました。本当にありがとうございましたm(._.)m




クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2011-01-13 21:19 | Trackback | Comments(2)