中山法華経寺
住所:千葉県市川市中山2-10-1

 鎌倉時代、当地には千葉氏の家臣・富木常忍や太田乗明の館があった。1260年、迫害を受けた日蓮が常忍のもとに身を寄せた際、常忍が邸内に持仏堂を建て、それがのちに法華寺となる。乗明の館も本妙寺となり、1545年以後に両寺が合体して法華経寺となった。

(黒門)
d0050345_23132024.jpg

(仁王門)
d0050345_2314838.jpg

(国重要文化財・五重塔。1622年、本阿弥光室が両親の菩提を弔うため前田利光の援助で建立した)
d0050345_23143936.jpg

(国重要文化財・祖師堂。1678年に建てられた)
d0050345_23153467.jpg

(荒行堂)
d0050345_2316143.jpg

(国重要文化財・四足門。鎌倉の愛染堂から移築されたという)
d0050345_2317394.jpg

(法華堂)
d0050345_23171757.jpg





写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-10-17 23:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tikugo.exblog.jp/tb/19837371
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「筑後川の航海日誌」移転中 葛飾八幡宮(徳川家康所縁の神社) >>