葛飾八幡宮(徳川家康所縁の神社)
住所:千葉県市川市八幡4-2-1

 祭神は息長帯姫命・誉田別命・玉依姫命。寛平年間(889~898年)、宇多天皇の勅願で京都の石清水八幡宮から分霊して創建された。平将門・源頼朝・太田道灌・徳川家康らの崇敬を受ける。

(鳥居)
d0050345_2143159.jpg

(参道)
d0050345_215720.jpg

(随神門)
d0050345_2155012.jpg

(拝殿)
d0050345_216083.jpg

(神楽殿)
d0050345_2162639.jpg

(駒どめの石。源頼朝の馬が石に前足を乗せた際、蹄の跡が残ったことからこう呼ばれるようになった)
d0050345_2163874.jpg

(国指定天然記念物・千本公孫樹。多数の幹が集まって一本の巨木のように見える。江戸時代、祭礼の時に数万の蛇が枝に現れたという伝承がある)
d0050345_2165322.jpg

感想:神社の南側に「八幡の薮知らず」という名所があったのですが行くのを忘れてました…。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-10-16 21:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tikugo.exblog.jp/tb/19831658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 中山法華経寺 臼井城(佐倉市) >>