臼井城(佐倉市)
住所:千葉県佐倉市臼井字城之内619-1

 14世紀中頃、臼井氏によって城の基礎が築かれたと考えられている。1479年、太田道灌に攻められ落城。戦国時代後期、臼井氏に代わって原氏が城主となった。1566年、上杉謙信が北条氏康の傘下だった当城を攻めるが撃退している。1590年、北条氏と共に原氏も滅亡すると酒井家次が入る。しかし1604年に高崎に移封となったため廃城となった。
 現在は臼井城址公園として整備されている。

(本丸と二の丸を結ぶ土橋)
d0050345_12271593.jpg

(本丸と二の丸の間にある空堀)
d0050345_12272648.jpg

(本丸の虎口)
d0050345_12273464.jpg

(臼井城から眼下を望む。向こうに見える湖は印旛沼だろう)
d0050345_1227423.jpg

(二の丸の入り口に建つ城趾碑)
d0050345_12275131.jpg

(三の丸跡に建つ太田図書の墓。図書は道灌の弟で1479年に臼井城を攻めた際に討ち死にしている)
d0050345_1227599.jpg

感想:本によっては本丸・二の丸・三の丸ではなく、主郭・Ⅱ郭・Ⅲ郭という説明になっていました。現地の案内版も二種類ありました。どう違うのか良く分かりません。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-10-15 12:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tikugo.exblog.jp/tb/19823960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 葛飾八幡宮(徳川家康所縁の神社) 謙信一夜城 >>