徳願寺(徳川家康・宮本武蔵所縁の寺)
住所:千葉県市川市本行徳5ー22

 浄土宗。もとは普光院という草庵(藁・茅などで屋根を葺いた粗末な家。草ぶきの小さな家)で勝願寺の末寺だったが、1610年に徳川家康が帰依し伽藍が建立された。その際、徳川の『徳』と勝願寺の『願』から取って寺号を徳願寺としている。1871年、印旛県庁が置かれ、1873年には行徳小学校の仮校舎となった。
 本尊の阿弥陀如来像は北条政子が運慶に命じて彫刻させたもので、家康が徳川秀忠の夫人・崇源院のために鎌倉から江戸に移したが、崇源院の没後、当寺に安置された。

(1775年に建てられた山門)
d0050345_22281996.jpg

(同じく1775年に建てられた鐘楼)
d0050345_22284354.jpg

(本堂。1856年に焼失したが1916年に再建された)
d0050345_22285371.jpg

(觀心堂)
d0050345_2228589.jpg

宮本武蔵の供養塔。武蔵が下総に滞在していた頃、当寺に賊が侵入した際に撃退したという伝承が残っている)
d0050345_2229647.jpg

(1807年、江戸深川の永代橋の橋桁が落下し多数の溺死者が出た。写真はその人達のために建てられた供養塔)
d0050345_22291590.jpg

感想:近くの寺に来ていた普光院の小坊主が家康に気に入られて伽藍が建立された、というようなことを地元の方が話されていました。記憶違いだったらすいません。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-10-09 23:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tikugo.exblog.jp/tb/19793833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 鷺沼城 里見公園(国府台合戦古戦場) >>