宝成寺(成瀬之成(正成の次男)の墓)
住所:千葉県船橋市西船6丁目2ー30

 曹洞宗。創建年代は不明。徳川家康の関東移封の際、家臣・成瀬正成は下総葛飾郡栗原に4千石を与えられた。その際、領地にあった法城寺を菩提寺とし、寺号を姓の『成瀬』から一字を取り宝成寺と改名している。正成は関ヶ原の戦い後に移封されたが、領地は次男・之成が継ぎ当寺も菩提寺として残っている。

(鐘楼)
d0050345_21595870.jpg

(本堂。成瀬家が藩主だった栗原藩は1638年に断絶してしまうが尾張犬山に移った成瀬家との縁は続き、本堂を犬山城主・成瀬正泰が建立している。現在建っているのはその後に再建されたもの)
d0050345_220365.jpg

(本堂の左脇の墓地を登ると成瀬家墓所に辿り着く)
d0050345_220973.jpg

(墓地内には成瀬家の方の墓が建つ)
d0050345_2201424.jpg

(中央が成瀬之成の墓)
d0050345_2203226.jpg

感想:ここには犬山城主の墓もありました。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-09-29 22:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tikugo.exblog.jp/tb/19738252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 総寧寺(小笠原政信夫妻供養塔) 第一回 家康公検定 受付開始 >>