信松院(武田信玄の娘・松姫の墓)
住所:東京都八王子市台町3ー18ー28

 曹洞宗。武田家滅亡の際、武田信玄の四女・松姫は難を逃れて八王子に落ち延びる。1588年、松姫は随翁舜悦卜山の弟子となり、1590年に信松院を開基した。
 寺宝の木造軍船のひな形は文禄の役の際に小早川隆景が使用した軍船のひな形と伝わる。

(入り口。三が日に行ったので何かを販売されてた)
d0050345_21205268.jpg

(1988年に建立された観音堂と舎利殿)
d0050345_2121058.jpg

(鐘)
d0050345_21212991.jpg

(茶筌塚)
d0050345_21213546.jpg

(武田信玄の四女(六女とも)・松姫の墓。織田信長の嫡男・信忠と婚約したが破談になったのは良く知られている。法名・信松院殿月峰永琴大禅定尼)
d0050345_212141100.jpg

感想:ここに甲斐から逃れる松姫の像があったらしいのだが、お墓を探すのに夢中で気がつかなかった…(T_T)




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-03-17 21:30 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tikugo.exblog.jp/tb/18284996
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 大久保石見守長安陣屋跡(産千代... 分倍河原古戦場(新田義貞の像) >>