甚大寺(堀田正俊・正睦の墓)
住所:千葉県佐倉市新町78

 天台宗。1701年、山形城主・堀田正虎が城下に創建した。1746年に堀田家が佐倉城に移封される際に当寺も移されている。境内の奥には堀田家の墓が建つ。
 本尊の十一面観音菩薩は市の文化財に指定されている。堀田家六代当主・正順により金比羅大権現も祀られ毎月10日は参詣者で賑わう。

(入り口。本尊よりも金比羅大権現の方がメインのような雰囲気)
d0050345_2020510.jpg

(毘沙門天の像)
d0050345_20201118.jpg

(本堂)
d0050345_20201685.jpg

(堀田家墓所の入り口。寺の入り口の南にある)
d0050345_20202372.jpg

(墓所全景)
d0050345_20211510.jpg

(春日局の養子・堀田正俊の墓)
d0050345_20212228.jpg

(幕末の老中・堀田正睦の墓)
d0050345_20213917.jpg

(松江藩主松平不昧の娘、幾千子の墓)
d0050345_20261688.jpg

感想:本堂側から墓所には行けないようでした。境内が広いわけではないので一回道路に出てから改めて墓所に行くのが確実だと思います。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-03-11 20:30 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tikugo.exblog.jp/tb/18092093
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 下総佐倉城(土井利勝の居城) 宗円寺(宗圓寺、香宗我部貞親の墓) >>