上宮天満宮(羽柴軍合流の地)
住所:大阪府高槻市天神町1丁目15ー5

 祭神は菅原道真、野見宿禰、武日照命。この辺りは菅原道真の先祖・土師氏が住んでいたと伝わる。993年、道真の没後に勅使として太宰府に派遣された菅原為理が京都への帰途、当地で牛車が動かなくなったため調べたところ菅原氏所縁の地と分かり野見神社の境内に社殿を建て道真を祀った。太宰府に次いで二番目に建てられた天満宮で、北野天満宮より起源が古いことから上宮天満宮の称するようになる。
 高槻駅から当社に続く参道周辺は天神の馬場と呼ばれ、1582年に明智光秀を討つため中国地方から戻った羽柴秀吉が中川清秀や高山右近と天神の馬場で合流し山崎方面に向かっている。

(入り口)
d0050345_2154368.jpg

(鳥居)
d0050345_2154354.jpg

(参道)
d0050345_21541471.jpg

(野見神社)
d0050345_21541533.jpg

(1656年、高槻城主・永井直清が建立した拝殿)
d0050345_21542841.jpg

(上宮型狛犬)
d0050345_21543050.jpg

(本殿と拝殿。本殿は1590年に秀吉によって建てられたが、1996年に賽銭泥棒の少年5人の放火により焼失する。しかしのちに再建された)
d0050345_21544798.jpg

感想:寺社の放火って現代でも結構あるんですね・・・。
 霊松寺の三好義興の墓から直接行こうとして当社の西側に着いたのですが、登り口が南側しかなく戻る羽目になりました(T_T)




クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-01-23 22:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tikugo.exblog.jp/tb/17677750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 伊勢寺(和田惟政の墓) 霊松寺(三好義興の墓) >>