正覚寺(新善光寺城、結城秀康の四男の墓)
住所:福井県越前市京町2丁目1-8

 浄土宗。南北朝時代、越前の守護・斯波高経が南朝方に備えるために新善光寺城を築城した。1336年に新田義貞の攻撃を受けて落城したが、すぐに奪回するものの1338年に再び落とされる。土塁の一部が残る。
 1366年、良如が城の戦没者を弔うために正覚寺を創建する。

(本堂の裏手に残る土塁跡)
d0050345_2185045.jpg

(越前府中城の表門を移築した山門。笏谷石の瓦が葺かれた高麗門)
d0050345_2185850.jpg

(山門の横に建つ新善光寺城跡の碑)
d0050345_219860.jpg

(本堂)
d0050345_2192326.jpg

(墓地の一角に建つ結城秀康の四男・吉松丸の墓所。吉松丸は家老・本多富正の養子となるが夭折してしまう)
d0050345_2192862.jpg

感想:写真では分かりづらいですが、本堂がとにかく大きかったです。この辺りは寺社が集中しているため、歩いて寺を散策するのも楽しいかと思います。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-01-13 22:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tikugo.exblog.jp/tb/17616797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 総社大神宮(朝倉義景・織田信長... 霊泉寺(斯波義敏の墓) >>