小丸城(佐々成政の居城)
住所:福井県越前市五分市町28

 1575年、越前の平定に成功した織田信長から3万石強を与えられた佐々成政は当地に城を築く。築城に際して野々宮廃寺の礎石を用いたという。三の丸跡からは一向一揆の処刑の様子が刻まれた文字瓦が出土している。1581年に成政が越中に移ったため廃城となった。
 現在は小丸山公園となって整備されている。

(もう10年以上前なのかあ・・・)
d0050345_20292393.jpg

(本丸に建つ碑)
d0050345_20292787.jpg

(僅かに残る石垣)
d0050345_20293358.jpg

(本丸の一部)
d0050345_20294483.jpg

(本丸全景)
d0050345_20295147.jpg

感想:城とはまったく関係がないですが、この辺りには昔、福井鉄道南越線が走っていたらしく、線路跡の看板が妙に印象に残っています。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-01-08 20:32 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tikugo.exblog.jp/tb/17587491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 興徳寺(真柄十郎左衛門直隆の墓) 剱神社(織田家発祥の地) >>