賀茂神社(護良親王所縁の寺)
住所:福井市大森町

 祭神は別雷神、大國主神、玉依姫命、伊賀古夜比売命。717年、広部民部が京都賀茂両社の三種の神器を当地に祀ったことが始まりと伝わる。天慶年間(938~947年)、多田満仲が雷神社と名付け、それがのちの賀茂神社になったと言われる。
 南北朝時代には護良親王が訪れ寄進し、戦国時代には朝倉家から諸役免除を受けた。江戸時代に入ると領主の参詣が代替わりごとに行われている。

(大鳥居)
d0050345_2014987.jpg

(参道)
d0050345_201397.jpg

(拝殿。左右に並ぶのは生まれた干支ごとの守護社)
d0050345_202554.jpg

感想:由緒ある寺なのだが、駅から離れた場所にあるため誰もいなかった・・・。土砂降りだったせいもあるのだろうが。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2013-01-02 20:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tikugo.exblog.jp/tb/17547482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 西光寺(一向一揆の拠点の一つ) 新年の挨拶2013&宣伝 >>