総光寺(丹羽長秀の墓)
住所:福井市つくも2-17-11

 曹洞宗。賤ヶ岳の戦い後、北庄城主となった丹羽長秀が北斗院を建立。のちに寺号を総光寺と改称する。

(境内。おそらく昔は何倍もの敷地があったと思われる)
d0050345_20355922.jpg

(裏手に建つ丹羽長秀の墓(右側)。長秀の没後、息子の長重が建てたと伝わる。左は長秀の息子で長重の弟・長正の墓)
d0050345_2036761.jpg

(墓の入り口。石に刻まれた文字が風化で削れている)
d0050345_2036185.jpg

感想:2012年に8年半振りに行きましたが、何も変わっていませんでした。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2012-12-21 21:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tikugo.exblog.jp/tb/17479012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 運正寺(結城秀康菩提寺) 忍城合戦の真実 >>