新田塚(燈明寺畷 新田義貞戦没伝説地)
住所:福井市新田塚町604

 1336年、新田義貞は九州から上洛した足利尊氏に敗北したため、恒良親王らを奉じて越前に入る。1338年、越前守護・斯波高経を破り足羽城に敗走させるが、支城の藤島城を攻めていた味方の援軍に向かう途中、燈明寺畷で敵と遭遇し矢傷を負い自害して果てた。
 1656年、藤島郷の農民・嘉兵衛が古い兜を掘り出し福井藩に献上。藩の軍学者・井原番右衛門は兜を義貞のものと鑑定し、当地を戦死の地と推定した。1924年、国の史跡に指定される。現在は新田塚公園として整備されている。

(公園入り口)
d0050345_22124750.jpg

(祠。確か中には五輪塔が建っていたと思う)
d0050345_22125652.jpg

感想:祠の写真にジャージ姿の人が写っていますが、これは地元の中学生です。ちょうど公園の清掃の日でした。荒れ果てた史跡が多い中、こうやって綺麗にされているとは地元で愛されているんだな・・・。
 ネットや本の写真を見て鬱蒼とした森の中にある印象を持っていましたが、行ってみたら交通量の多い県道5号線沿いにあって周りにはマンションや店が建ち並びとても賑やかな場所でした。1960年頃までは水田が広がっており静かな場所だったようです。




写真の提供についてはこちらから→写真提供

クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2012-12-13 22:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tikugo.exblog.jp/tb/17421799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 興宗寺(岩佐又兵衛の墓) 東超勝寺 >>