無量寺境内などが和歌山県文化財に
芦雪ゆかりの無量寺境内などが和歌山県文化財に:紀伊民報

---------------------------------------------------
 和歌山県教育委員会は20日、串本町串本の無量寺境内など13件を新たに県文化財に指定した。
(中略)
 那智勝浦町那智山の「瀧見堂跡」は、天正年間に長曽我部元親が寄進築造したと伝えられている。礎石のみが1958年に県の史跡指定を受けたが、台風12号で那智川が増水し礎石が流され、修復不可能のため指定の解除が決まった。
---------------------------------------------------

 4年半前にせっかく那智勝浦町まで行ったのに知らなくて廻らなかった・・・。指定が解除されても機会があれば行ってみたい。

御購入よろしくお願いします→もっと知りたい! 長宗我部元親


[PR]
by tikugo | 2012-07-24 22:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tikugo.exblog.jp/tb/16462441
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 長宗我部盛親の性格伝わる新文書 安芸広島城(毛利家・浅野家の居城) >>