大和高取城
住所:奈良県高市郡高取町高取

 南北朝時代に大和の有力豪族・越智氏が築城。その頃の高取城は越智氏の支城としての扱いだったが、戦国時代に大和を筒井氏が治めると本格的な城として整備された。その後、本多氏が城主として入るが断絶したため、植村氏が入り明治維新を向かえる。
 明治時代に惜しくも建物は壊されるが、石垣は現在も残り史跡として整備されている。

(城趾碑と石垣)
d0050345_10262052.jpg

(駐車場から本丸へ続く道)
d0050345_10263374.jpg

(櫓跡)
d0050345_10264361.jpg

(虎口)
d0050345_10265157.jpg

(大手門跡)
d0050345_1027151.jpg

(高取城から山々を望む)
d0050345_10271162.jpg

コラム:城趾中は石垣だらけ。どこ回っても石垣で途中から写真を写すのをやめました。石垣好きにはたまらない場所だと思います。
 本丸付近まで車で行けます(ただし車が4~5台しか置けず途中の道は狭いです)。行って損はないです。




クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2011-11-12 10:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tikugo.exblog.jp/tb/14928160
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 妙心寺(寿聖院・玉鳳院) 柳生の里(柳生一族の墓) >>