金地院(京都)
住所:京都市左京区南禅寺福地町86-12

 南禅寺の塔頭の一つ。応永年間、大業和尚が開基。1605年に崇伝が現在地に移築した。方丈の襖絵は狩野派の作、茶室八窓席は小堀遠州の作として知られる。所蔵の渓陰小築図・秋景冬景山水図は国宝。

(表門)
d0050345_22241424.jpg

(明智門。明智光秀が1582年に母の菩提のため大徳寺に建立。1868年に移築された)
d0050345_22242197.jpg

(東照宮)
d0050345_22243025.jpg

(鶴亀庭園。小堀遠州の作)
d0050345_22243729.jpg





クリックよろしくお願いします→にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

管理人のサイトもよろしくお願いします→大坂の陣絵巻
[PR]
by tikugo | 2011-08-05 23:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tikugo.exblog.jp/tb/14283777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 高台寺(北政所の墓所) 本能寺 >>