吉晴木像顔面に刀傷
山陰中央新報:吉晴木像顔面に刀傷 京都・菩提寺から里帰り展示

-------------------------------------------------------------------------------------
 松江開府の祖・堀尾吉晴(1543~1611年)は、顔に深い刀傷を負った戦国武将だった-。松江歴史館(松江市殿町)の開館を記念した特別展で、吉晴の木像が、京都の寺から380年ぶりに里帰り。刀傷を刻んだ秘蔵の木像が、戦国時代を生き抜き、松江城を築いた武将の姿を現代に伝え、来館者の関心を呼んでいる。
-------------------------------------------------------------------------------------

 5月8日までか・・・。GWに帰省出来れば間に合うな・・・。

御購入よろしくお願いします→もっと知りたい! 長宗我部元親


[PR]
by tikugo | 2011-03-24 22:00 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tikugo.exblog.jp/tb/13230853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 京都市史跡巡り2011(2日目... 「川越城本丸御殿」の一般公開決まる >>